制作ガイド
原稿・素材のご入稿について

このページでは、基本的な制作依頼時での原稿の作成方法について掲載しています。
ご入稿前にご参考いただくとスムーズに制作が開始できます。

《デザインを指示したい・デザインの希望を伝えたい》
【希望するイメージに近いサイトがある場合】
インターネット上にあるホームページで希望のデザインやイメージに近いサイト、部分的に参考にしたい箇所がある場合は、そのサイトのURLをお知らせください。
また、同時に、その気に入った理由なども一緒にお聞かせいただけると、お客様のご要望がより的確に把握できます。

【イメージカラーがある場合】
会社やお店のイメージカラーで既に詳細に定めたカラーがある場合は、DICカラー番号やCMYKの数値でお知らせください。全く同じカラーで制作ができます。数値が不明な場合は、画像データ(JPEG・PDF)で色が分かるものをお送りください。
※濃い赤、紫に近い青などの漠然とした表現での受付の場合、カラーの再現は難しくなります。

【作成した原稿/手書き原稿】
データの場合は、WORD、ExcelまたはPDFでご入稿をお願いいたします。

手書き原稿の場合は、郵送にて当社へお送りください。
※原稿の返却はできません。コピーをして必ずお客様控えを残し郵送をお願いいたします。
《テキスト(文字)》
ホームページの制作や更新に使う文字はテキストデータにてご入稿をお願いいたします。

■ご入稿可能なテキストデータ
Word(.doc)、メモ帳・テキストエディタ(.txt)、メールへの直接入力
※Machintoshでテキストデータを作成された場合は、必ず拡張子を付けておいてください。

【テキスト入力が必要な場合】
パンフレットやチラシ、その他印刷物を原稿とする場合は当社でのテキスト入力が必要になります。
テキスト入力については別途費用が必要になる場合がございます。
印刷物を原稿とする場合は、当社へ郵送してください。
※原稿の返却が必要な場合は料金着払いでの返却となります。
※手書き原稿からのテキスト入力は誤字脱字の原因となるため行っておりません。
《画像(写真・図・イラストなど)》
ホームページに配置する写真・図・イラストなどがある場合は、画像データにてご入稿をお願いいたします。

■ご入稿可能な画像データ
JPEG形式 / BMP形式
※Machintoshで画像データを作成された場合は、必ず拡張子を付けておいてください。

【画像データご入稿時の注意】
画像データはホームページに掲載する予定のサイズと同じ大きさ、もしくは大きいサイズのものをお送りください。小さい画像を拡大して掲載する事もできますが、画像が荒くなります。
《その他》
■Adobe Illsutrator(AI形式)データについて
Adobe Illsutrator(AI形式)でデータはJPEG形式に「書き出し」を行った後、JPEGデータとしてご入稿をお願いします。
※当社で画像編集を行うための素材としてお送りいただく場合は、AI形式のままでお願いします。
《注意事項》

原稿・素材が全て揃ってから制作開始となります。
お早めにご準備の上、間違いがないようお送りください。

【原稿の変更について】
制作または更新作業中に原稿が変更になった場合でも、すでに制作を開始している場合は原則変更はできません。変更は制作完了後に、修正内容としてお知らせください。
尚、大幅な原稿の変更の場合、無償の修正としてはお受けできない場合がございます。

【原稿にない制作について】
ご指示のないものに関しては当社の判断で制作を進めます。制作完了後、確認時に原稿にない文章、画像、その他の追加などが発生した場合、無償の修正としてお受けできない場合がございます。

【著作権について】
著作権のある著作物からの転用は、個人的または家庭内もしくはこれに準ずる範囲内で使用する目的以外は法律で禁じられています。著作権・商標権、その他法律に違反しない事をよくご確認頂いた後、原稿をご入稿ください。当社では入稿原稿の著作権、またはその他に関する責任は一切負いかねます。 写真等の場合、肖像権についても十分ご注意願います。

  • お見積もり・ご質問・ご相談など、
    お気軽にお問い合わせください。
  • 電話でのデザイン依頼
  • メールでのお問い合わせ